ライフハック~人生の賢い選択

人生を賢く生きる人のためのライフハック。

amazon

FeedPing

Count per Day

  • 146現在の記事:
  • 0今日の閲覧数:
  • 34325総閲覧数:
  • 1昨日の閲覧数:
  • 11先週の閲覧数:
  • 27月別閲覧数:
  • 27250総訪問者数:
  • 0今日の訪問者数:
  • 1昨日の訪問者数:
  • 9先週の訪問者数:
  • 25月別訪問者数:
  • 1.29一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2015年9月7日カウント開始日:

© ライフハック~人生の賢い選択 All rights reserved.

20185/2

健康づくりのための睡眠指針~睡眠 12 箇条~第 6 条.良い睡眠のためには、環境づくりも重要です。

第 6 条.良い睡眠のためには、環境づくりも重要です。
自分にあったリラックス法が眠りへの心身の準備となる
自分の睡眠に適した環境づくり


習慣としている自分の就寝時刻が近づくと、脳は目覚めた状態から徐々にリラックスし
た状態に移り、やがて、睡眠に入っていきます。スムーズに眠りへ移行するには、このよ
うな、就寝前の脳の変化を妨げないように、自分にあったリラックスの方法を工夫するこ
とが大切です。例えば、入浴は、ぬるめと感じる湯温で適度な時間、ゆったりとするとよ
いでしょう。
良い睡眠のためには、環境づくりも重要です。寝室や寝床の中の温度や湿度は、体温調
節の仕組みを通して、寝つきや睡眠の深さに影響します。環境温が低過ぎると手足の血管
が収縮して、皮膚から熱を逃がさず体温を保とうとします。また、温度や湿度があまり高
いと発汗による体温調節がうまくいかずに、皮膚から熱が逃げていきません。どちらも、
結果的に、身体内部の温度が効率的に下がっていかないために、寝つきが悪くなります。
温度や湿度は、季節に応じて、眠りを邪魔しないと範囲に保つことが基本で、心地よいと
感じられる程度に調整しましょう。また、明るい光には目を覚ます作用があるため、就寝
前の寝室の照明が明るすぎたり、特にこれが白っぽい色味であったりすると、睡眠の質が
低下します。就寝時には、必ずしも真っ暗にする必要はありませんが、自分が不安を感じ
ない程度の暗さにすることが大切です。気になる音はできる範囲で遮断する方がよいでし
ょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20186/13

悪質アダルトサイトのトラブルにご注意を!

見た覚えがないのに「アダルトサイトの有料ページを見た」、クリックしたとたん「有料会員の登録をした」などと料金を請求される。そこで電話などで業…

20186/6

意外と知らないクレジットカードの安全な使い方

クレジットカードを使用する際、自分でサインするのと、暗証番号を入力するのでは、どちらがより安全でしょうか?意外と知られていないクレジットカー…

20186/1

自分に厳しすぎて人生をダメにしているサイン4つ

自分に優しくて他人に厳しい人って、一緒にいると本当にイライラさせられますよね。そういう人たちが周りにいると、知らぬ間に自分に厳しくなりすぎて…

20185/29

心とは、

心とは、満たすべき「器」ではなく、 燃やすべき「炎」である。 …

20185/29

河川の洪水危険度をリアルタイムで予測 危険度分布

大雨時に、河川の洪水危険度を予測する情報についてご存知ですか? 気象庁がインターネット上で公開している洪水警報の危険度分布では、全国約2万…

ページ上部へ戻る