ライフハック~人生の賢い選択

人生を賢く生きる人のためのライフハック。

amazon

FeedPing

Count per Day

  • 131現在の記事:
  • 0今日の閲覧数:
  • 34325総閲覧数:
  • 1昨日の閲覧数:
  • 11先週の閲覧数:
  • 27月別閲覧数:
  • 27250総訪問者数:
  • 0今日の訪問者数:
  • 1昨日の訪問者数:
  • 9先週の訪問者数:
  • 25月別訪問者数:
  • 1.29一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2015年9月7日カウント開始日:

© ライフハック~人生の賢い選択 All rights reserved.

20185/9

健康づくりのための睡眠指針~睡眠 12 箇条~第 12 条.眠れない、その苦しみをかかえずに、専門家に相談を

第 12 条.眠れない、その苦しみをかかえずに、専門家に相談を。
専門家に相談することが第一歩
薬剤は専門家の指示で使用



寝つけない、熟睡感がない、十分に眠っても日中の眠気が強いことが続くなど、睡眠に
問題が生じて、日中の生活に悪い影響があり、自らの工夫だけでは改善しないと感じた時
には、早めに専門家に相談することが重要です。例えば、ひとり夜眠れないでいることは
つらいだけでなく、孤独感を感じるものです。そのつらさは家族にもなかなかわかっても
らえないことがあります。そのため、相談できる人を持つことは大きな助けとなります。
苦しみをわかってもらうだけでも気持ちが楽になり、さらに、睡眠習慣についての助言を
受けることで睡眠が改善する手立てをみつけることができる可能性があります。また、よ
く眠れない、あるいは日中眠たくて仕方ないなどと感じたら、それは「からだやこころの
病」の兆候かもしれません。身近な専門家(医師、保健師、看護師、助産師、薬剤師、歯科
医師、管理栄養士、栄養士など)に相談することが大切です。
睡眠薬などの薬を用いて治療を受ける際は、医師に指示された用法や用量を守り、薬剤
師から具体的な服薬指導を受けることが重要です。また、薬とお酒とを一緒に飲まないこ
とは特に重要です。お酒と睡眠薬を同時に飲むと、記憶障害、もうろう状態等が起こる可
能性があり、危険です。疑問や不安ある場合、睡眠薬を飲み始めて気になる症状が出た場
合には、医師や薬剤師に相談しましょう。

健康づくりのための睡眠指針2014

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20186/13

悪質アダルトサイトのトラブルにご注意を!

見た覚えがないのに「アダルトサイトの有料ページを見た」、クリックしたとたん「有料会員の登録をした」などと料金を請求される。そこで電話などで業…

20186/6

意外と知らないクレジットカードの安全な使い方

クレジットカードを使用する際、自分でサインするのと、暗証番号を入力するのでは、どちらがより安全でしょうか?意外と知られていないクレジットカー…

20186/1

自分に厳しすぎて人生をダメにしているサイン4つ

自分に優しくて他人に厳しい人って、一緒にいると本当にイライラさせられますよね。そういう人たちが周りにいると、知らぬ間に自分に厳しくなりすぎて…

20185/29

心とは、

心とは、満たすべき「器」ではなく、 燃やすべき「炎」である。 …

20185/29

河川の洪水危険度をリアルタイムで予測 危険度分布

大雨時に、河川の洪水危険度を予測する情報についてご存知ですか? 気象庁がインターネット上で公開している洪水警報の危険度分布では、全国約2万…

ページ上部へ戻る