ライフハック~人生の賢い選択

人生を賢く生きる人のためのライフハック。

amazon

FeedPing

Count per Day

  • 139現在の記事:
  • 0今日の閲覧数:
  • 34121総閲覧数:
  • 4昨日の閲覧数:
  • 26先週の閲覧数:
  • 86月別閲覧数:
  • 27059総訪問者数:
  • 0今日の訪問者数:
  • 4昨日の訪問者数:
  • 26先週の訪問者数:
  • 81月別訪問者数:
  • 3.71一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2015年9月7日カウント開始日:

© ライフハック~人生の賢い選択 All rights reserved.

20185/8

健康づくりのための睡眠指針~睡眠 12 箇条~第 11 条.いつもと違う睡眠には、要注意

第 11 条.いつもと違う睡眠には、要注意。
睡眠中の激しいいびき・呼吸停止、手足のぴくつき・むずむず感や歯ぎしりは要注意
眠っても日中の眠気や居眠りで困っている場合は専門家に相談



睡眠中の心身の変化には、専門的な治療を要する病気が隠れていることがあるため、注
意が必要です。睡眠中の激しいいびきは、喉のところで呼吸中の空気の流れが悪くなって
いることを示すサインであり、睡眠時無呼吸症候群などの睡眠中の呼吸に関連した病気の
可能性があり注意が必要です。睡眠時無呼吸症候群は、適切な治療を受けることで症状が
改善し、高血圧や脳卒中の危険性が減ることも示されています。このため、睡眠時無呼吸
症候群の予防と早期発見が重要です。また、就寝時の足のむずむず感や熱感はレストレス
レッグス症候群、睡眠中の手足のぴくつきは周期性四肢運動障害の可能性があります。こ
れらの病気があると、一定時間眠っても休息感が得られず、日中に異常な眠気をもたらす
ことがあります。さらに、睡眠中の歯ぎしりがある人は顎関節の異常や頭痛を持つことが
多いことが示されています。いずれも医師や歯科医師に早めに相談することが大切です。
また、うつ病の多くでは、寝つきが悪く、早朝に目が覚めたり、熟睡感がないなどの特
徴的な不眠を示します。こうした特徴的な睡眠障害を初期のうちに発見し適切に治療する
ことは、うつ病の悪化を予防することにつながります。きちんと睡眠時間が確保されてい
ても日中の眠気や居眠りで困っている場合は、ナルコレプシーなどの過眠症の可能性もあ
るので、医師による適切な検査を受け、対策をとることが大切です。

健康づくりのための睡眠指針2014

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20186/13

悪質アダルトサイトのトラブルにご注意を!

見た覚えがないのに「アダルトサイトの有料ページを見た」、クリックしたとたん「有料会員の登録をした」などと料金を請求される。そこで電話などで業…

20186/6

意外と知らないクレジットカードの安全な使い方

クレジットカードを使用する際、自分でサインするのと、暗証番号を入力するのでは、どちらがより安全でしょうか?意外と知られていないクレジットカー…

20186/1

自分に厳しすぎて人生をダメにしているサイン4つ

自分に優しくて他人に厳しい人って、一緒にいると本当にイライラさせられますよね。そういう人たちが周りにいると、知らぬ間に自分に厳しくなりすぎて…

20185/29

心とは、

心とは、満たすべき「器」ではなく、 燃やすべき「炎」である。 …

20185/29

河川の洪水危険度をリアルタイムで予測 危険度分布

大雨時に、河川の洪水危険度を予測する情報についてご存知ですか? 気象庁がインターネット上で公開している洪水警報の危険度分布では、全国約2万…

ページ上部へ戻る