ライフハック~人生の賢い選択

人生を賢く生きる人のためのライフハック。

amazon

FeedPing

Count per Day

  • 127現在の記事:
  • 36今日の閲覧数:
  • 35558総閲覧数:
  • 47昨日の閲覧数:
  • 329先週の閲覧数:
  • 776月別閲覧数:
  • 28476総訪問者数:
  • 35今日の訪問者数:
  • 46昨日の訪問者数:
  • 325先週の訪問者数:
  • 771月別訪問者数:
  • 41一日あたりの訪問者数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2015年9月7日カウント開始日:

© ライフハック~人生の賢い選択 All rights reserved.

201510/21

気付いたら彼も友達もいない…嫌われる7つの口癖

口癖ってその人を印象付けるものですよね。
そんな口癖が嫌われるようなものだったら…。
彼にフラれてしまうどころか、友達まで失ってしまうかもしれません。
そこで今回は、よく言ってしまいがちだけれども、嫌がられる口癖を7つご紹介します。
ついつい口にしていないか、確認してみましょう。

◆「あり得ない
「あり得ない、そんなお前があり得ない」(22歳・男)
自分では受け入れられないような話に思わず「えー、あり得ない」なんて口に出してはいませんか?
同じような意味で使う「信じられない」もそうですが、その拒絶したものがその人の趣味だったり、普通にしていたりすることな場合があります。
「それ、俺の話…」なんて言われたら、気まずくて仕方がないですよね。
話を盛り上げるために使いがちな言葉ですが、否定したことを周りの誰かはしているかもしれません。
「びっくりした!そんなことあるんだね」など、もっと柔らかい表現があるはずです。
「あり得ない」は誰かを傷つける可能性がある言葉だということを自覚しておきましょうね。

◆「どうせ私なんて…
「同情を誘っているのがまるわかり」(26歳・女)
ショックなことがあった時に、つい「どうせ私なんて…」と言葉にしてはいませんか?
周りからそれは、ただ構って欲しいだけの言葉に聞こえます。
女性からは「同情誘って男に慰めてもらおうとしている」と思われてしまうかもしれません。
たまに口にするくらいなら男性も慰めてくれるかもしれませんが、それが口癖ともなると「またか…」と段々呆れて離れていってしまうでしょう。
落ち込んでいる時は素直に「ねえ、話を聞いて欲しいんだけど…」というのがベスト。
回りくどい発言は避けましょうね。

◆「当たり前じゃん
「わからないから聞いてるんでしょ?わざわざ言う必要ある?」(28歳・女)
何かを聞いた時に「当たり前でしょ?」なんて言葉を付け加えてはいませんか?
すごくバカにした言葉に聞こえますよね。
たとえあなたにとっては常識であっても、他のみんなにとっては常識ではないのかもしれません。
わざわざ付け加えて印象を下げるのは勿体無いですよ。

◆「どうしよう…
「助けてほしそうにちらちら見ないで。助けて欲しいならそう言ってくれればいいのに。」(18歳・男)
自分には手に負えないことが起こって思わず「どうしよう」とつぶやきたくなるのはわかります。
ですが、そんなことをつぶやいていても、みんながみんな助けてくれるとは限りません。
場合によっては「構って欲しいだけだろ」と嫌な風に捉えられることもありますよ。
助けが欲しい時は、きちんと「手伝って欲しい」「どうしたらいいかわかる?」と助けを求めることが一番。
オロオロしていても何も解決しませんよ。

◆「でも
「否定しても何も始まらない。アドバイスを聞く気がないなら最初から聞かないで欲しい」(28歳・男)
相談事をしてアドバイスをされても「でも…」「だって…」と否定してはいませんか?
そうした言葉を言われてしまうと、真剣に相談事に乗った身としては嫌気が差してしまいます。
言ってもらったアドバイスに疑問を感じることもあるかもしれません。
ですが、まずは一旦受け入れて、そこから気になることを聞きましょう。
初めに否定するのと一旦受け入れるのでは、相手に与える印象が全然違いますよ。

◆「しょうがないじゃん
「これが口癖の人って、大抵の場合がしょうがなくない」(20歳・女)
何か失敗した時に「しょうがないじゃん、○○だったんだから」。
ついつい言いたくなる気持ちはわかります。
でもそれはただの言い訳。
まずはきちんと謝って、どうしてそうなったのかを説明しましょう。
「しょうがない」は自分で言うことではなく、相手に言ってもらうことです。
自分が使うとただの嫌な人になってしまいますよ。

◆「どうでもいい
「それ、わざわざ言う必要ある?」(25歳・男)
興味が無い話題の時に、ついつい「どうでもいい」なんて言ってしまってはいませんか?
そんなこと言ってしまうと、気分よく話している人の気持ちを一気に嫌な気分にさせてしまいますよ。
人は誰しも自分の話を聞いてもらいたいもの。
あまりにも長い場合は別ですが、興味のない話に少しくらい付き合えるような、広い心を持ちましょう。
あなたの話をどうでもいいと思っていても、口に出していない人だっていますよ。

いかがでしたか?
口癖は意識しないとなかなか防げないもの。
でも、気付かないで放置していると、段々とあなたの周りから人がいなくなってしまいますよ。
自分が言われたらどう思うのか、相手の立場に立つことが大切です。
どうせなら「ありがとう」のような、人から好かれる言葉を口癖にしましょうね。

livedoor news

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20186/13

悪質アダルトサイトのトラブルにご注意を!

見た覚えがないのに「アダルトサイトの有料ページを見た」、クリックしたとたん「有料会員の登録をした」などと料金を請求される。そこで電話などで業…

20186/6

意外と知らないクレジットカードの安全な使い方

クレジットカードを使用する際、自分でサインするのと、暗証番号を入力するのでは、どちらがより安全でしょうか?意外と知られていないクレジットカー…

20186/1

自分に厳しすぎて人生をダメにしているサイン4つ

自分に優しくて他人に厳しい人って、一緒にいると本当にイライラさせられますよね。そういう人たちが周りにいると、知らぬ間に自分に厳しくなりすぎて…

20185/29

心とは、

心とは、満たすべき「器」ではなく、 燃やすべき「炎」である。 …

20185/29

河川の洪水危険度をリアルタイムで予測 危険度分布

大雨時に、河川の洪水危険度を予測する情報についてご存知ですか? 気象庁がインターネット上で公開している洪水警報の危険度分布では、全国約2万…

ページ上部へ戻る